フリーランスエンジニア向けIT案件紹介サービス【ALJ JOB】

お役立ち情報 | フリーランスエンジニア向けIT案件紹介サービス【ALJ JOB】

        

契約を結ぶための面接対策

2019/7/13

契約を結ぶために

フリーランスの面接では、スキルの確認だけではなく、コミュニケーション能力を試されます。そのため、明るく自信を持ってハキハキと話して、円滑に会話をすることが大切になります。

面接は以下の通りの話の流れが一般的です。

クライアント企業の案件説明

エンジニアに委託する業務の概要を説明します。ここで職場の環境やプロジェクトの現状をしっかり聞きましょう。

経歴の説明

文字では伝わらない自分の役割やプロジェクトの進め方、そこで努力したことを話しましょう。ここで自分がクライアント企業に有益な能力があることをアピールします。
経験の長いエンジニアの場合は、最初から今まですべてを説明してしまうと長くなってしまいます。直近の業務を説明するか、クライアントの案件に該当するスキル要素の業務を説明しましょう。
スキルシートや経歴書の棒読みは一番のNGです。

エンジニアから質問

最後にエンジニアからクライアントへ案件についてなどの質問をします。勤務時間・案件の開発体制とそれぞれの役割・開発ツール・テスト手法など、 説明されていない箇所や、詳しく知りたいと思ったことを聞きましょう。
質問が思いつかない時に「大丈夫です」と一言だけいうと、この案件に興味がないと思われてしまいます。できる限り質問をするか、「説明がわかりやすかったので、質問はありません」と言葉を添えましょう。

登録がまだの方は
こちらから!

登録する